こんにちは!Rinです。



我が家では数年前から、土日のブランチはホームベーカリーで焼いた自家製パンを食べています。
分量を覚えてしまえば、炊飯器でお米を炊くような感覚でセットできるし、何より焼きたてパンを自宅で食べれるって幸せです。

中身がわかって安心だし、味はパン屋さんのパンには負けてしまうかなとは思うけど、とっても美味しい!それにリーズナブル!

せっかくなので、材料にもこだわってみようかなと思い、安心安全な強力粉を探していました。

発見したのが、キアラピュアフーズの有機強力粉です。

 


オーストラリアで、伝統的なオーガニック農法により栽培された、遺伝子組み換えではない(GMOフリー)有機強力粉です。
精麦の度合いを控えており、多くの栄養とビタミンを含んでいるのが特徴です。
ポストハーベスト処理はしていません。

 


この強力粉を使用してみた結果、まず焼き上がりの香りが違いました。
ほのかに「麦っぽい」香りがしました。
味も、耳のカリカリした部分が、なぜか昔好んで食べていた玄米フレークっぽい?と思いました。わかるかな(^^;

安全性にこだわってみただけで、味の違いは無いんじゃないかなと思っていましたが、違うんですね。
本来の小麦粉とは、もっと麦の味や香りがするものなのかなぁと思いました。
品種が違うのか、精製され過ぎているのか。
しばらく、こちらの強力粉を使用したいと思います♪



ホームベーカリーで焼いて余ったパンは、冷凍保存がおすすめ。
食べる時は、凍ったままグリルで両面焼いて解凍しちゃいます。
焼き上がりのふかふかな感じは無くなるけど、カリカリになってこれはこれで美味しいです。
キアラピュアフーズの有機強力粉で焼いたパンはこのように食べても、より香ばしく感じました。


現在の小麦って品種改良が繰り返され、昔食べられていた頃の小麦とは大きく変わって来ているのだそう。
最近多い小麦アレルギーなんかも、それが原因じゃないかなと私は思うのですが。
古代小麦(スペルト小麦)と言われる、現在の普通の小麦の原種で、あまり人の手の加えられていない品種が、最近ヨーロッパなどで注目させています。
小麦アレルギーでも、スペルト小麦には反応しない場合もあるそうなのです。

キアラピュアフーズでもスペルト小麦を扱っていて、次に興味があるのがスペルト小麦です。

 

 

更に健康志向な感じ。
レビューも見て、気になっているんですよね〜
でも価格も上がってしまうのが悩みどころ。
試してみたら、またこのブログにアップしたいと思います。

 

 

こんにちは!Rinです。


美容と健康、ダイエットにもいいと言われているココナッツオイル。
私も買ってはみたのですが、なかなか消費できずに余っています。
最近は寒くなり固まってしまったので早く使いきってしまいたい!
そこで、どのような取り入れ方があるのか調べて実際にいろいろと試してみました。
 

 

<パンにかける>

トーストしたパンに、バターを塗り、ココナッツオイル、ハチミツを塗ります。
もともと美味しいハチミツバターパンですが、ココナッツの香りも合わさり、更に美味しく感じます!
これが、我が家では定番です。
 

 

<飲み物に入れる>

暖かい飲み物に入れてもいいそうです。
しかしココナッツオイルは「油」
どれも混ざらず油が上に浮いてしまい、見た目が変な感じ。
唇に油がついてしまったりします。
匂いも強いので、少量入れてみました。

 

  • 紅茶

ココナッツの香りしますが、味は紅茶。
アールグレイに入れたのですが、せっかくのアールグレイのいい香りがココナッツの匂いで変わり、私にはイマイチでした。

 

  • ココア

ココアとココナッツオイルの香りは相性がいいと思いました。
ちなみに私は牛乳の代わりに豆乳を入れました。
やはりオイルは混ざらず上に浮いてしまうのが気になりますが、香りはいいので入れてもいいかなと思いました。

 

 

<油として料理に使う>

サラダオイルなどの代わりに使うだけです。しかし、ココナッツオイルは独特の香りなので、匂いとの相性が重要だと思います。

 

  • スクランブルエッグ

卵とココナッツオイルは、相性がいいようです。
いつものスクランブルエッグに、ココナッツオイルの香りが加わり美味しかったです。
油をココナッツオイルに変えて作るだけ。
これは簡単!

 

  • 焼き林檎

ココナッツオイルで薄切りにしたリンゴを焼き、ハチミツとシナモンを掛けるだけ。
ローラさんがテレビで紹介して話題になったらしく、簡単そうだったので作ってみました。
見た目はおしゃれな感じ。
味はとてもヘルシーでした。
たくさんリンゴがあったら、また作ってもいいかな。


 

<保湿のため身体に塗る>

ココナッツオイルは体に塗ってもいいそう。
固まったココナッツオイルを塗るのは、100%のシアバターを塗るのと同じ感覚だと思いました。

 

  • リップクリームとして

少量を唇に塗るだけです。
溶けるので、クリームというよりオイルを塗る感覚でした。
食品なので安全面では安心して使えるなと思いました。

 

  • ハンドクリームとして

固まったオイルを少量とり、手のひらで伸ばしてから全体に塗ります。
塗った瞬間は香りがきついかなと思ったのですが、なじませるとかるく香る程度で気になりませんでした。
私の肌に合っているらしく、すべすべになりました!

 


以上が、いろいろ試してみた感想です。
特に、スクランブルエッグはよく作るので気に入りました。
そして意外にもハンドクリームが良かったです。
乾燥するこの季節、使えるなと思いました!

 

 

JUGEMテーマ:生活情報

こんにちは!Rinです。


2017年もよろしくお願い致します。


だんだん更新が遅れ、遂に先月は更新しないでしまったので反省。


今年も身体にいい事、自然な事を取り入れ、ブログで紹介していけたらなと思います。
 

こんにちは!Rinです。

 

寒くなり、11月に入ると朝顔も咲かなくなりました。
蕾はあったのでしばらくそのままにしていたのですが、見るとアブラムシが大量発生している!
とうとう朝顔は終了しました。
ご近所の朝顔は、まだ咲いているものもあり、こんなに長く楽しめるものだと初めて知りました。

ところで、たった一つだけ種ができていたので、11月の初めに収穫していました。
成っている時点で変な形だなと思っていましたが、開けてみてびっくり。
種は、一つしか入っていませんでした(;o;)
 


いびつな形です。
半月な形じゃない。

芽が出るのか疑問ですが、一応とっておいて、来年植えて見ようと思います。
 

 

JUGEMテーマ:ガーデニング

こんにちは!Rinです。

芸術の秋。
先週の日曜日は、ずっと行きたいと思っていた、瀬戸内海にあるアートな島「直島」に行って来ました。

日曜日で、瀬戸内国際芸術祭もやっている時期です。
どのくらい混むのか、移動時間もどのくらいかかるのかわからず、どのように回ればいいのか想像がつきませんでした。

いろんな方のブログを参考にさせていただき、これは必ず見たいという候補を事前に決めてから行きました。
その結果、とても効率的に回れた気がします。
そんな、直島旅行記です。(ちょっと長いです)

 

 

  • 直島ってどんなところ?

直島は、瀬戸内海に浮かぶ島です。

香川県に属しますが、岡山県からもフェリーで約20分と近いです。

草間彌生さんのカボチャのアート作品や、安藤忠雄さん設計の地中美術館など、アート作品がたくさんあり、国内外から評価されて観光客もたくさん訪れています。

 

 

  • 『赤かぼちゃ』がお出迎え

岡山県で前泊。
次の日の朝8:22の便で、岡山県の宇野港から直島の宮浦港にフェリーで向かいました。

フェリーの中ではエリアマップをゲット。

地図や、バスやフェリーの時間、お店まで載っていたのですごく便利でした。

 


宮浦港に着くと、早速、有名な草間彌生さんの『赤かぼちゃ』がありました!

これを見ると、直島に来たんだなーと実感。



その後、一番混むだろうと思われる地中美術館にバスで向かいました。
瀬戸内国際芸術祭が行われていて観光客が多い時期なので、バスも増やしていて、思ったよりもすぐに乗れました。

 

かぼちゃのバスもありました。


移動手段として、レンタサイクルもありましたが、坂があるので大変そうでした。
借りる場合は電チャリがいいと思いました。
 

 

  • 地中美術館

チケットセンターに到着。(地中美術館よりちょっと離れている)


チケットを買う為の整理券をもらいました。
混雑時は、数時間待つこともあるらしいのですが、15分くらいで買えました。

鑑賞料は、2060円と意外と高い。

地中美術館へ

この地中美術館は、安藤忠雄さんの建築。

地中に埋まっているコンクリートの美術館なのですが、光の取り入れ方など芸術的です。

 

その中で、

クロード・モネの絵画5点

ウォルター・デ・マリア

ジェームズ・タレル

の作品を見ることができます。
 

作品自体の数は少ないのですが、展示されているその空間も、その作品のためにデザインされた設計になっているのです。

美術館まるごとアート作品という感じ。

どの作品も存在感があり、じっくりとその空間を楽しんできました。

 

 

  • 黄カボチャを目指しぶらぶら

地中美術館から「つつじ荘」までの間は、無料のシャトルバスが出ています。

それに乗って「ベネッセハウスミュージアム」で途中下車。

 

そこから今度は草間彌生さんのもう一つの作品、『南瓜』を目指して歩きました。

 

瀬戸内海を眺めながら歩いていると、いろいろなアート作品がありました。

この日は曇り。晴れていたら綺麗なんだろうな〜

 

これは??

 

これ、ちょっと見たかったです。

 

そして『南瓜』!

写真を撮るための列ができていました。

可愛い・・・



その後、つつじ荘まで歩き、本村エリアへ家プロジェクトに参加するため、バス移動。


 

  • 『あいすなお』で昼食

昼食はここで食べたいと思っていました。

こののれんも『のれんプロジェクト』によるもの。

かわいいのれんのお店?をいろいろ見かけました。

 

ちょうどお昼の時間帯なのと、この日は座席数を減らしてるとかで、かなりの待ち人数。
名前を書いて、先に『家プロジェクト』のチケットを購入に行きました。
「南寺」の整理券を先にもらうことをすすめられて貰いに。


そうして順番を確認しに戻りつつ、ぶらぶら時間をつぶしたりして、やっと入ることができました。

食べたのは、あいすなおセット。


岡山県産の無農薬玄米を使用してヘルシー。

素材の味を活かした味付けで、美味しかったです。
デザートに食べた豆乳アイスクリームもすごく美味しかったです。
 

 

  • 家プロジェクト

『家プロジェクト』とは、本村エリアで行っているアートプロジェクト。

古民家などをアーティストにより、改修などして作品化されています。

 

共通チケット1030円で、「きんざ」を除く6軒を見ることができます。

※「きんざ」は完全予約制で別料金。メンテナンスのため休館中でした。


ちなみに「南寺」は完全入れ替え制で人気があるため混みます!

私がもらった整理券は、2時間以上の待ち時間でした。
入れない方も多く、ここに入りたい方は早めに整理券をもらいに行くことをおすすめします!

 

「碁会所」「角屋」「はいしゃ」「南寺」「護王神社」「石橋」の6軒コンプリートして来ました!

 

「はいしゃ」は見たいと思っていました。

ジャンクな感じが素敵です。

 

「護王神社」も下に入っていけるところがあって、「なるほどー」と思いました。

 

最後に行った「石橋」も良かったです。

お家自体が、昔ながらの立派なお家。

住んだことがないのに、なんか懐かしい感じがしました。

 

家自体は見るだけなので、そんなに時間はかかりません。

でも街並みも素敵で、アートもあったりでいろいろ見ながら歩くと結構時間がかかります。

距離はそんなにないと思うのですが。

 

 

何気ないところにも、こんなアートがたくさん・・・

 

 

探検しているみたいで楽しかった。

でもここは島の方々の生活圏でもあります。

皆の協力があるからこそ成り立つんだなと思いました。

 

 

  • 可愛い銭湯『I♥湯』


旅の最後は銭湯へ。


シャンプーなどは置いていない(購入はできる)とのことだったので、持参しました。
タオルは持ち歩くのも嫌だったし、記念にと思い購入しました。
すごく可愛い銭湯でした。


初めての直島、 楽しかったです!

本当に島自体がアートでした。

そして今回、周辺の島もアートに力を入れているということを知りました。
次は豊島など他の島も含めて行ってみたいと思いました。

 

 

 

JUGEMテーマ:国内小旅行


Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

PR

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM