こんにちは!Rinです。

以前、筋トレを行って前よりも疲れにくくなったということを書きました。

その記事の続きです。

よく体力をつけるためには運動をするといいと聞きます。
しかし私は今までそう思っていませんでした。
なぜなら、身体を動かすとすぐ疲れる体質だったからです。
運動した日、一日外出した日の翌日は、疲労がたまって一日寝込んでしまうこともしばしば。
働いていた頃は平日仕事でしたが、木曜か金曜になると疲労が蓄積され、よく疲労から来る頭痛と吐き気に悩まされていました。
だから体力をつける為に運動しても、次の日動けなくなることの繰り返し。
意味ないなと思っていたのです。

筋トレを始めたのは、ただ身体を動かした方が、美容と身体にはいいだろうという理由です。
それが、最近、一日外出しても、次の日も寝込まず外出できるようになったのです!
帰ってから頭が痛くなることもない!
普通の人には当たり前のことだと思いますが、私にはかなりびっくりです。
しかも初めてまだ2週間です。
なぜか?
筋肉がついたから?
そんなに早くつかないんじゃないかなー。
見た目も、筋肉がついた感じはありません。

たまたま読んだ『非筋肉トレーニング』にその答えらしき事が書いてありました。
作者は、なでしこジャパンのフィジカルコーチもしている広瀬統一さん。


この本のはじめには、
「特別な指導を受けていない場合、ほとんどの人は″自分の持っている筋肉の三割ほどは使えていない”状態です。
たとえば、「姿勢が悪い→肩や腰の痛みが出る→疲れる」といった疲労パターンも、きちんと筋肉を使えていないことが原因の一つなのです。
だからこそ、″使えていなかった筋肉を、使えるようにするためのトレーニング”に目を向けることが有効です。」
と、書かれています。

つまり、毎日同じような生活を送っていた私の筋肉は、最低限動けばいいやーという一部分しか働かないようになっていた。
それが、長い間凝り固まっていた他の部分も、筋トレをしたことにより刺激され使えるようになった。
一つの動作を行うにも、多くの筋肉を使うようになったので、疲れにくくなったということかなと思いました。
筋肉が増えたのではなく、使える部分が増えたということです。
筋トレという、部分的に短時間で鍛える方法だったので、疲労をあまり蓄積させずに効果が出せたのではないかなと個人的に思います。
私の場合、もともと三割どころか一割くらいの筋肉しか、まともに使ってなかったんじゃないかな。
あまりにも使っていない筋肉が多かったので、効果も早く感じたんじゃないかな〜と (^^ ゞ

ちなみにこの本では、筋肉を大きくすることを目的としないということで、「非筋肉トレーニング」と呼んでいます。
海外でいう「ファンクショナル・トレーニング」のことだそうです。
女性は、筋肉ムキムキになんて、なりたくないですしね。
女性におすすめのトレーニングだと思います。

今まで体力がなくて悩んでいた方、ぜひ試してみて欲しいです。
私なりに考えた「続ける秘訣」も書きたかったのですが、長くなったのでまたまた次回!

 

 


「疲れにくい体」をつくる非筋肉トレーニング [ 広瀬統一 ]

 

 


Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

PR

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM