あけましておめでとうございます!Rinです。

ご覧頂きましてありがとうございます♪
だんだんゆる〜い更新ペースとなっていますが、今年はもうちょっと更新できたらと思います。
今年もよろしくお願い致しますm(__)m


お正月のおせち。
買うと高いし、手作りに挑戦しようかなーなんて思ってましたが、今年も結局購入しちゃいました。

昨年と同じオイシックスのおせちです。
昨年の11月頃、ついホームページをチェックしてしまったのです。
「あれ美味しかったなー!」
などと、観てたら食べたくなってしまって、予約しちゃいました(^^ゞ

 

昨年と同じ「高砂」を購入。

 

春の七草、お品書き、風呂敷、原材料・アレルギーの一覧表などが付いています。
春の七草は、フリーズドライの春の七草が入ったもの。

昨年も付いていてサービスなのだと思うのですが、簡単に七草粥が作れてとても便利でした。

今後もぜひ続けてほしい…

 

中はこんな感じです。



原材料を見ても、なるべく添加物を使わず、砂糖、塩、醤油、味噌、みりんなどを使った自然な味付けを目指していることを感じます。
だからかどれも美味しい。ハズレなし。
微妙に昨年と違うメニューもありましたが、今年も美味しかったです!!

 

自分でも数品はおせち料理作ってみましたが、年末年始は忙しいのでなかなか大変です。

来年も買っちゃうかもな〜

 

 

美味しいおせちも食べたし、今年も良い年になりますように〜☆

 

 

JUGEMテーマ:旬・季節の食べ物

こんにちは!Rinです。

年末は忙しいですね。
先日のクリスマスには、シフォンケーキを焼きました。
その際に、今月の上旬に作っておいた「バニラエクストラクト」を初めて使用。
とても良い香りのケーキが焼けました〜♪
そんな、バニラエクストラクトのご紹介です。

 

バニラエッセンスについて思っていたこと


今までケーキ作りには、バニラエッセンスを使用していました。
でも使うのは年に数回。
賞味期限内に使いきることはなく、いつも大量に残して買い換えることになります。
「添加物たくさん、人工的な香り〜」と思いながらいつも使用していました。

そこで、
〔蟻未砲擦沙箸Δ海箸でき
添加物を使用しない天然のバニラの香り
そんなバニラエッセンスは無いのだろうかと思い、調べてみました。
すると、バニラエクストラクトというものを発見しました。

 

バニラエクストラクトとは


アルコールにバニラビーンズを漬けることにより、天然のバニラの香りを抽出したエッセンスです。

バニラビーンズは乾燥発酵させたもの。
それをアルコールに漬けることで長期保存が可能となります。


とても良さそうなバニラエクストラクトですが、バニラエッセンスと比べるととても高価です。
そもそも近年バニラビーンズが高騰しています。
作り方も簡単なので、手作りしてみました。

 

使用した材料



・ウォッカ 約200cc
(多かったので飲んだ余りw)

・バニラビーンズ 2本

 

作り方

 

1.バニラビーンズに縦に切れ目を入れて、アルコールに浸かるくらいの長さに切ります。

※ビーンズは料理に使用して、余った鞘だけ使用することも可能。

2.ビンに入れウォッカに浸けます。蓋をして軽く振ります。
(ウォッカの入ったビンにそのまま入れました)

※空きビンに入れる場合は消毒して使用します。

 

3.日の当たらない場所で常温保存します。途中、時々振ります。

 

4.香りがアルコールに移ったら出来上がり。

減ったらアルコールを足し、香りが無くなったバニラビーンズを交換しながら半永久的に使えます!

 

 

使用量

香りを濃縮されたバニラエッセンスは数滴で香り付けできますが、バニラエクストラクトは香りの付き具合を見ながら多目に使用します。

ちなみに作った時は透明だったバニラエクストラクトは、約2週間後はこんな色に。

 

蓋を開けると良い香り。

 

今回のケーキ作りでは、子さじ2杯入れてみました。

オーブンで焼いている途中から、すごく良い香りが漂ってきました(*^^*)
手作りケーキがワンランクupした気分になりました。

 

 

こんにちは!Rinです。

美容と健康の為に、ぬか床デビューしちゃいました(#^^#)



始めたのは10月中旬。
(春か秋に始めた方がいいと知り)
実家や知り合いが作っていたという事もなく、ぬか漬けは超初心者の私。
それでもなんとか一ヶ月経ち、良い感じに仕上がって来ました。
ぬか漬け生活、いいと思うこともあり、やはり大変と思うことも。
そんな初心者のぬか漬け作りについてです。

 

一からのぬか床づくり

最初は仕上がってるぬか床を買おうと思いました。
一応ぬか床のレシピを調べてみたら、米ぬか以外の材料は家にありました。
実はベランダ菜園をしていて自家製肥料を作っているので、米ぬかの購入予定もある。
ということで、一からのぬか床作りを開始しました!

 

材料や容器


レシピは、様々なサイトを参考にさせて頂きました。
米ぬかは、無農薬を購入。
容器は、続けられるかわからないので安価なプラスチックで。冷蔵庫にも入るサイズです。

 

自家製ぬか漬けの味は?


最初の一週間は1日2回、二週間目以降は1日1回混ぜています。
二週間経って、初めて漬けた野菜を食べた感想は、「塩からい〜」
一ヶ月経ち、現在は酸味も加わった複雑な味になってきて、なかなか美味しいです。

 

感じるぬか漬けのメリット、デメリット

メリット

■料理が一品、簡単に仕上がる

野菜切って仕込むだけでできるので便利。食卓に出すのも切るだけ。

サラダを一品作っているようなものかなと感じています。

 

■野菜をたくさん食べられる

ぬか漬けを初めたら、野菜の消費がとても早くなりました。

 

■美容、健康にいい
乳酸菌をたくさん取り入れられるので美容・健康にいいはず。

 

デメリット

■わかっていたけど毎日混ぜるのは大変
何度か忘れた日はありました。
今のところは菌が増えるので、好都合かと。
今後も続けられるのか、不安ではあります。
冷蔵庫に入れると乳酸菌の活動が弱まるので、混ぜるのは一週間に1回でもいいそう。
でも、それはそれで忘れそうです。

 

■今後の手入れの必要性
ぬか床が減ったり水分が増えたりした時に米ぬかを足さなければなりません。
まだ足しぬかをしていないのでわかりませんが、思ったより頻度が多そうな気がします。
また米ぬか買わなきゃいけないし、維持していくのは大変そうだなと感じ始めてます。
今後の味を維持していくのも(塩分や旨味など)、自分の感覚が頼りだし難しそうかなと思います。

 

まとめ

初めてまだ一ヶ月。
今のところ続けていけてますが、今後はどうなるかわかりません。
一から作って育ててる感じなので、愛着は湧いてきます。
だんだん美味しくなって来たところだし、できれば今後も続けていきたいなとは思います。

 

 

こんにちは!Rinです。

 

ずっと欲しいと思っていた鉄フライパン。 遂に購入しました!!!

 

「鉄フライパンは一生モノ」

そんな言葉も目にし、初めての鉄フライパン選びは、とーっても迷いました。

そこで、私が鉄フライパンについて調べた内容、購入した理由について書きたいと思います。

 

■目次

 ▶鉄フライパンを購入したいと思った理由

 ▶から焼き、油ならし、油返しとは?

 ▶コーティングについて

 ▶リバーライトの炒め鍋に決めた理由

 ▶リバーライト「極」「極 Japan」「 極 roots」の違いとは

 ▶使用してみての感想

 

 

■鉄フライパンを購入したいと思った理由

…垢使えるものを
今まではテフロン加工のフライパンを使用していましたが、テフロンが剥がれると買い替えが必要になります。今回もそれで必要になりました。
これからは、一つの物を長く大切に使用したい。そう思うので鉄フライパンがいいかなーと思いました。

 

安全性
調理器具は、より安全だと思うものを使いたいです。
鉄フライパンは古くから使用されてきたので、安心かなと思います。

 

E簡の摂取
鉄フライパンを使うと、女性が不足しがちな鉄分の摂取もできるのだとか。

 

す皺皇翰が可能
鉄フライパンは一気に高温になるので、炒め物などが美味しくなり、時短にもなりそうです。

 

目次にもどる

 

■から焼き、油ならし、油返しとは?

鉄フライパンはうまく手入れしないと、くっついてしまうこと、錆びてしまうということがあります。

そのため、鉄フライパンを使ったことのない人には馴染みがない、次のような手入れが必要な場合があります。

 

初回のみ

・から焼き(錆び止め塗装を焼き切る)

・油ならし(油を入れて弱火で5分ほど加熱する)

 

毎回使う前に

・油返し(加熱したフライパンに油を入れ、なじませたらオイルポットへ戻す)

 

毎回使い終わったら

・すぐお湯で洗う(油膜を落とさないように)

・水滴を拭く(錆びないように)

 

これらをうまくやらないと、くっついたり錆びたりして、鉄フライパンを敬遠してしまう理由にもなるようです。

 

目次にもどる

 

■コーティングについて

各社メーカーは、コーティングすることにより油ならしなどを省略できる使いやすいフライパンを出すなど、違いがあります。

 

シリコン樹脂塗装されたものもたくさんありました。
コーティングされてたら鉄分摂取にならないのでは?初めはそう思いました。
しかし、そうではないようです。

 

面倒な油ならしや油返しをしなくても、シリコン樹脂塗装されたものは、最初からくっつきにくくなっています。
シリコン樹脂はやがて剥がれていきます。
シリコン樹脂は、人体に無害で、体内に入っても吸収されずに出ていきますw
剥がれたころには油が馴染んでくっつきにくいフライパンになっている。
だから安心楽チン!ということだと理解しました。

 

目次にもどる

 

■リバーライトの炒め鍋に決めた理由

リバーライトの鉄フライパンにしようと思った理由は、

仝コミの評価が高い

∋ち手は素手で触れるタイプが良かった

HPを見て

HPからは、自信を持って作られている商品だと感じ、私の希望にも合っていると思いました。

放射能物質についての記載もあり、不安を取り除いてくれる姿勢に好感が持てました。

 

リバーライトの鉄フライパンの特徴としては、特殊熱処理により錆びにくく丈夫なこと。

錆び止め塗装不使用のため、から焼き不要です。
コーティングはされてないので、油ならしや油返しをして油をなじませることは必要になります。

 

本当は、今まで使用していたフライパンと同じサイズの26cmのフライパンにしようと思いました。
お店で見てみると、底辺が狭いので小さく感じます。
じゃあ上のサイズの28cmにしようと思い持ってみましたが、重い…
そこで、26cmの「炒め鍋」にしました。
炒め鍋は高さがあるので、フライパンより多く入ります。

 

重さの差はこちら
フライパン 26僉ΑΑ950g
      28僉ΑΑ1300g
炒め鍋   26僉ΑΑ990g
      28僉ΑΑ1130g

 

1kgいくかいかないかの差が、私には大きく感じました。実物を持ってみて良かったです。

 

目次にもどる

 

■リバーライト「極」「極 Japan」「 極 roots」の違いとは

リバーライトで購入することにしたのはいいですが、名称が色々あって混乱しましたw

 

柄が茶色。
オリジナルはこのタイプです。

 

極 Japan
柄がひのきで出来ています。
日本限定バージョン。

 

極 roots
極rootsが新しくなり、極Japanとなりました。
極Japanとの違いは、柄の焼き印が斜めになっていることくらいかなーと思います。

 

調べてみた結果、物は一緒。
柄が色々なバージョンがあるということだと理解しました。

 

目次にもどる

 

■使用してみての感想

お店でも見ましたが、結局ネットショップで購入(^^;
金だわしが付いていて、名前の印字サービスも利用させて頂きました。
記念日に合わせての購入なので、その日にちも入れて貰ってます。愛着が湧きます♪

 

初めては目玉焼き、オムレツを作ったりお肉を焼いてみましたが、油多めにしているからか今のところは全然くっついてません。
そして美味しい気がします。目玉焼きでさえ今までより美味しいと思うのは気のせいかな。
今後も使ってみて良いと思ったら、使っている小さめフライパンも鉄に変えていくかもしれません。

 

目次にもどる

 

 

JUGEMテーマ:生活情報

こんにちは!Rinです。

春に土鍋を購入してから、今までたくさん料理に使用してきました。
その中でも一番のおすすめは、ご飯です!!
土鍋ご飯は本当に美味しい。
しかも、炊飯器より早く炊けます。
私が行っている炊き方は、お米を研ぎはじめてから炊き上がるまで、約30分です。(蒸らしも含む)
もう炊飯器に戻れなくなってしまいました。

色々試して私の中で定着した、土鍋でのご飯の炊き方のご紹介です。
普段は白米、たまーに5分つき米を食べているので、白米&5分つき米の炊き方です。

 

使用している土鍋

 


鍋料理に使われるような一般的な土鍋です。
サイズは9号です。

 

 

材料


【白米の場合】
お米・・・3合
水・・・約600ml

【5分つき米の場合】
お米・・・3合
水・・・約700ml

塩・・・ひとつまみ

いつも3号炊いて、余った分は冷蔵or冷凍しています。
一度に多い量炊いた方が美味しいし、楽なので。

 

 

 

炊き方

 

1.お米をとぎます。

 

2.土鍋にお米と水を入れます。

  5分つき米の場合は、塩をひとつまみ入れます。入れるとボソボソとした感じが減り、もっちりする気がします。

※精米したての場合は、白米は600ml、5分つき米は700ml入れます。
少し経ったものは20mlくらい増やした方が良い気がしました。
お好みで調整してみて下さい。

※吸水はしません。といだらすぐ炊いちゃいます。
初めは吸水していましたが、しなくても違いがわからず美味しかったので。



3.強火にかけ沸騰させます。


※私が使用している鍋は6〜7分で沸騰するので、タイマーを掛けて吹きこぼさないよう気をつけてます。
鍋によって、また室温によっても変わってくると思います。

※吹きこぼれそうになったら、一度ふたを開けても大丈夫です。



4.沸騰したら弱火にします。


蒸気が出続ける状態で白米は10分、5分つき米は13分火にかけます。

※この間はふたは開けません。



5.時間が経ったら一度蓋を開けて、水が無くなっていることを確認します。

(水がなくなっていたらOK。画像は5分つき米)

 

※水が残っていたら、無くなるまで延長します。



6.蓋をして10〜30秒強火に掛けます。

※おこげにする場合は長めに。

 

 

7.火を止めてそのまま置き、10分ほど蒸らします。



8.蒸らし終わったら、さっくり混ぜて出来上がりです!!


慣れてしまえばとっても簡単。
タイマーを掛けながら、おかずやお味噌汁を作っている間に出来上がります。
ぜひ土鍋ご飯、試してみてください!!



ちなみに、余ったご飯は数日以内に食べるのであれば、セラミック製のおひつに入れて冷蔵保存しています。
以前テレビで紹介されていたのを見かけて購入したのですが、数日冷蔵保存しても味が落ちないので良いです(^_-)-☆

 

 

うちのはこれの1.5合サイズです。

 

 

 

JUGEMテーマ:生活情報